こんにちは、柳川です。

 

ちょっと寒さが和らぎましたね〜

いやぁ、ちょっと肩の力が抜けてほっとしています。

しばらくは、続くかんじですね。。

 

念願の熊野へ、その6。

って、もうあれから1ケ月経ってるやん!

おぼろげな(w)記憶をたどりたいと思います(^_^;)

 

野地邸から、熊野の名所「獅子岩」を観に専務があんないして下さいました。

 

 

どうですか?

ほんとに獅子の顔みたいですよね!!

 

 

ちょうどいい感じで顔が写ってないわww

 

 

夕暮れ時の海はきれいですね〜

ここは野地家からもすぐのところですが、毎年年始には

ふんどし姿で海に入るとか。専務のふんどし姿を想像してしまった・・・

地元の同級生や恩師の方とその後新年会をやるのが恒例だとか。

寒くてつらそうだけど、年の初めに気合入れる感じでなんかいいな〜

(って、他人事だから言えんだろう!って怒られそう!)

 

 

こちらは獅子岩からすぐの「花の窟神社」です。

 

 

 

日本書記にも記されている日本最古の神社だそうです。

詳しくはこちらを。

花の窟神社

 

のじもくツアーでは、いつも案内されている熊野観光にはかかせない場所のようです。

時間が遅かったので、売店が閉店するところだったので見れませんでした。

かわいいグッズがあったので、ちょっと残念!!

 

このあと、野地家へ。

 

専務から熊野の、そして野地木材工業の過去、現在、未来のお話をとりまぜ

パワーポイントと共にその取り組みについてお話をうかがいました。

 

 

右手のテレビスクリーンを見ながら、熊野のことについて熱く語ってくださったこと。

ほんとにそうだな、と。

とてもわかりやすく、ぜひ協会や民家のお客様にも聞いていただきたいと強く思いました。

 

30分ほどお話を聞いたあと、スタッフの樋口さんもいらして宴会のスタートです。

 

 

写真に写っているキッチン前のカウンターに、メニュー表なるものが。

(写真とってなかった〜)

『ノジモクスナック』なるものがあり、日本酒やワイン、カクテルもありました。

こんな素敵なママがいるスナックあったら毎日でも来たいわ〜♪

 

またしても写真に収めていないのが悔やまれますが、

「作」という名の日本酒をだしていただきました。

こちらは伊勢志摩サミットで出されて以来、入手が困難になっているとか。

口当たりがよく美味でした!酒好きの私にはたまりません!(^o^)

 

 

薪ストーブがとても暖かく、ここで焼いたやきいもがこれまた

たまらなく美味しかったです〜(^o^)

 

最後の方は私、不覚にも睡魔に襲われ、ウトウトしてしまい

矢野さんの「そろそろ失礼しようかと・・・」の言葉にハッ!としたのであります。

 

いや〜、美味しいお酒と食事と楽しい会話で盛り上がりました!

普段なかなかゆっくりお話しする機会がなかったので、専務の新たな一面を発見できたようで

とても嬉しかったです。

居心地のいい空間で楽しく、そして気持ちよく過ごさせていただき、ありがとうございました。

 

とても充実した1日でした。

今年こそは「のじもくツアー」を、協会イベントで開催したいと思いました。

 

専務をはじめ、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

これからも、どうぞ、どうぞよろしくお願いいたします。

(長々と書いてしまいました。お読み頂いた皆様、ありがとうございました!!)

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : なんじゃかんじゃ | 17:24 |

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

柳川です。本日仕事初めです。

みなさんは、もう先週からお仕事始まっておられましたか?

 

今年は暦の都合で、年末年始合わせて11日間の長期休暇をいただきました。

こんなにお休みいただいたの初めてです!!

 

その昔、会計事務所に勤務していたころは官公庁に合わせて12/29〜1/3までが

お休みで年始はいつも4日からでしたので(^_^;)

 

でも、実は年賀状が28日で出し切れずに29日の午前中に会社出てきて

年賀状書いてました・・・。

で、午後からずっと行きたかった神戸の現場へ出かけてきました。

 

 

ちょうど前日に足場が外れたところだったようです。

 

 

1階の階段部分です。

 

 

上から見るとこんな感じ。

養生してあるのでわかりにくいですが、とても綺麗です。

 

 

大きな梁がもともとあった部材を支えるように、がっしりと入っていました。

 

 

2階で大工さん、監督たちと一緒にお弁当を食べ、久しぶりにゆっくり話がきけました。

この後、やり残した年賀状をこの2階窓側で書かせて貰い、無事投函することができました。

あ〜自宅に持ち帰らずに済んで良かった〜

 

年末最後に現場を見る事が出来て良かったです。

こちらの完成は1月末です。見学会を2/17(土)に開催させていただきます。

ぜひ、お越しください。

 

30日には友人と市内にあるホテルの温泉施設を利用し、温泉につかり何年ぶりかで全身マッサージを

してもらい、日々の疲れをとり、リラックスした時間を過ごさせてもらいました。

 

年始の2日には娘と二人で有馬温泉に日帰りで行き、岩盤浴を楽しんできました。

娘は有馬は初めてだったので、可愛いお土産屋さんで買い物もでき嬉しそうでした。

 

 

自宅から電車で1時間15分。意外に近くてびっくりでした。

 

今年は温泉地だけでなくスーパー銭湯とか、いろんな所にでかけてみようと思ってます。

あったかいお風呂ってほんと最高〜〜!!

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : なんじゃかんじゃ | 17:06 |

こんにちは、柳川です。

 

今日はまた冷え込みますね〜

朝から洗濯物を干す手が冷えて冷えて・・・

現場も寒いだろうな〜。

みなさん風邪ひかないように気をつけてくださいね!

 

 

今年の誕生日にスタッフのみんなから貰った誕生日プレゼントが左のがま口ポーチです。

普段は家族の通帳管理をするのに、通帳や現金を入れてます。

これが、ツアーに行った時には預かった現金を入れ、支払いの後には領収証をほりこみ、会社の財布としてもとっても重宝しています。

 

先日、梅田のルクアイーレに行った時にちょうどここのテナントをみつけたので覗いてみました。そして右側のメガネ入れを衝動買いしてしまいました。

実はずっとメガネ入れを探していたんです。

厚みがなく鞄の中でもすっきり収まり、キュートなドット柄と色目で、ここ一番のお気に入りです(^o^)

 

念願の熊野へ。(その5)

 

 

本社工場まで大きな道を使うとすぐに行けるのですが、観光地化されてない穴場のスポットへ・・・と専務の計らいで連れて行っていただいたのが、この「大馬神社」です。

 

 

車を降りて階段をのぼり

 

 

この鳥居をくぐり、参拝道を進んでいきます。

 

 

かなり山の上に上がってきたなと思っていたのですが、途中に滝が見えました。滝好きの私としてはこれ以上ない観光スポットです。いやー素晴らしい!!

 

 

そして少し上ると由緒正しき大馬神社が。ここは狛犬がいなくて後ででてくる「獅子岩」が狛犬にたとえられているそうです。

 

 

 

 

さて、いよいよ本社工場へ。

それにしても寒いな〜

 

 

可愛い野地木材工業さんのマスコット『のじもくま』がかかれた案内板が。

 

 

 

帯鋸(おびのこ)にむかって送材車を動かし、1本の丸太が持つ個性を最大限に引出し無駄なく板や角材を切りだすそうです。

 

 

隅っこにちいさなお部屋が。

 

 

内部にはいると、壁に床暖房の装置が作られ板が並べられています。

実は、こちらで床暖房にフローリングを敷いた時の材の収縮と含水率をテストしデータを取られています。

いろんな事を想定し実験しデータをとり、日々研究開発をかさねておられています。ほんとすごいな〜と感銘いたしました!

 

 

ここからは、生節、死節の処理加工です。

 

(節のサイズに合わせて用意された埋木を入れていきます)

 

(こちらはパテ処理をしています)

 

成長の過程で生きた枝が木に包まれたものが生節、枯れた枝が木に包まれたものが死節となります。(ってパネルに書いてありました。これはわかりやすい!)

わかりやすいので、そのまま書くと

「死節は施工後に抜け落ちてしまう場合があるため(抜け節)、事前に死節に対して円形にくり抜き埋木(桧の枝から成形)処理を施し補修します。また生節の節割れに対してはパテを塗って隙間を埋めることで、床材に使用する際の靴下などのひっかかりを防止します。」

 

みなさん、こうして節の処理をされていることご存知でしたか?

まさに木が生きている証のような節。私はやっぱり節がある方が好きだなと思いました。

 

少し割愛いたしましたが、この他にも「B材車」「マルチプレーナー」という案内板がありました。

マルチプレーナーは、指定された寸法に加工し(デジタル操作で寸法を設定)、4面同時にカンナ掛けが可能な優れもののようです。すごいですね〜。現場の方も親切に対応してくださり、ほんとに気持ちよく見学させていただきました。

 

 

工場の横にある民家が事務所でした。

ここで、社長をはじめ工場長(専務の弟さん)、事務員さんにお会いしました。いつも電話で対応してくださるあの方、この方と初めてお目にかかりました。こうして顔がわかると、ぐっと親近感が湧いてきます(^o^)

今後共、どうぞよろしくお願いいたします。

 

この後、専務のお宅へと向かい、獅子岩と花の窟神社へ案内していただきましたが、つづきはまた。。

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : なんじゃかんじゃ | 13:55 |

こんにちは、柳川です。

 

昨夜は1年ぶりの大好きなアーティストのライブがあり仕事を定時に終え、即行行ってきました。

 

はじめてのオールスタンディングのライブだったのですが、

ギリギリで到着すると、かろうじてドア付近に入れたって感じです。

 

トークが長すぎて、私と息子(と一緒に行きました)の前に立っていた女性が突然バタッと倒れびっくり!!

ドア付近にいた人がすぐにスタッフを呼んでくれて、スタッフに脇を抱えられ外に。

いやー、私と同世代の女性だったので私も気をつけないとな〜と、他人事には思えませんでした(^_^;)

久しぶりに、歌って、踊って、発狂して(??)ストレス発散してきましたよ(笑)

 

念願の熊野その4。

 

配送センターをあとにし、原木市場へ。

 

 

 

 

たくさんの原木があちらこちらに山積みされていました。

京都府綾部の原木市場に行った時の事を思いだしました。

 

 

この木は何年くらいのものでしょうか?

年輪を数えるだけでも大変です。

 

赤と白の差が大きいものがスギです。

右上に写っているのがヒノキです。

どうしてスギはこんなに赤白の差が大きくでるのでしょうか??

また勉強しておきたいと思います。。

 

 

原木市場のすぐ隣に、野地さんの加工場(飛鳥工場)があり、見学させていただきました。

丸太の皮をはぐ機械です。

 

 

この中に入って鉛筆削りのような状態で、皮を剥がしていくそうです。

写真に写っているイボイボのようなものが回り、木を送っていきます。

 

 

そうして奥にあるこのような歯が回り、皮をはいでいくそうです。

 

 

こんな感じです。

これ以上は危なくて近寄れません。

 

 

こうして裸にされた(笑)原木はまとめられ、野地木材さんの製材場所へ

運ばれていくのですね。

 

ここを後にし、本社工場へ向かうのですが、専務の計らいで

素敵な神社へご案内いただきました。

 

つづきは、また。

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : なんじゃかんじゃ | 11:42 |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
民家のFacebookです。


(株)建築士事務所民家〜大工技術を活かした木造住宅 新築一戸建て・リフォームも〜

Copyright © MINKA. All Rights Reserved.