こんにちは、柳川です。

 

開花してから肌寒い日が続いていたお蔭で、

今年はサクラも随分長く楽しむことができましたね。

今週は20℃を超える日も多いようで、昼夜の寒暖差で

毎日の服装選びにまた悩みそうです。。

 

そんなまだ肌寒かった先週の土曜日に

協会事務所1階にて塗り壁教室を開催しました。

 

 

講師は微風(そよかぜ)を開発された地球環境技術研究所の

藤さんと左官歴60年の井上左官さんです。

 

微風はシックイベースに竹炭・ゼオライトの入った塗り壁材で

そのミクロな気孔により消臭・調湿効果に優れています。

 

まずは微風の下地材を塗っていただきました。

 

 

 

みなさんなかなかの手つきです。

ちいさなお子さまも「自分でやりたい〜」と

コテをもってチャレンジしてくれました。

 

 

下塗りが終わったら、微風の上塗りです。

 

 

 

手が届かないところはお母さんがフォローし、

親子で一緒に奮闘中。

何度も塗るうちにコツを掴まれたようで「楽しい〜」と

塗るペースもあがり、先ほど塗った下地材の上にも全て塗り完了です。

 

 

井上さんからマスキングテープの張り方や

コテ先を使っての仕上げ方など教えてもらいました。

その職人技の見事なこと!

みなさんから「すご〜い!」と歓声が上がっていました。

 

「みなさんが一生懸命塗った方が味があっていいんですよ!」

と井上さん。

養生をきちっとすることで、テープを剥がした時に端が

ぴしっと揃い仕上がりがぐんとよくなります。

私もスタッフと一緒に2階の会議室の壁を1面だけ塗りましたが、

なかなかいい感じになっています(笑)

 

本日早速、ご参加頂いた方より

「連休中に1部屋塗ってみようと思います!」とご連絡を頂きました。

体験することで自信がついたと言っておられました。

ご家族でわいわい言いながらDIYを楽しんでもらえたらいいですね!

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : 現場レポート | 16:15 |

こんにちわ、矢野です。

 

今日は久々に現場リポートをさせて頂きます。

(あ、これまで現場が無かったって意味じゃないです;)

 

設計事務所の先生がお声をかけてくださり、

民家で施工をさせて頂くことになりました

現場名「暮らしの真ん中に、台所」です。

「暮らしの真ん中に、台所」という現場名は

設計の先生と、お施主さんが考えてくださいました。

民家ではほとんど現場名は「○○様邸○○工事」なので

今後 民家でもそうしていきたいね、なんてな話も出ております。

 

解体前の様子です。

タイトル通りですが、今回LDKがメインの改修工事になります。

↓キッチンとタイル貼りの壁を撤去した様子です。

雨漏りの跡も、蟻害も無く、躯体はとても良い状態です。

 

↓もともとの床には無垢板が増し張りされてました。

それを撤去している様子です。これから杉の床板へと張替ます。

 

そしてあっという間に木工事が終った様子です(略しすぎてゴメンナスイ)

これからオーダーメイドのこだわりキッチンが入ります。

きっとオシャレなカフェのような空間になるかと思います。

仕上がりがめちゃくちゃ楽しみです!!

 

そんなカッコいいが約束されてるこちらの現場ですが、

お施主様と設計の先生のご厚意で

6月に見学会を開催させて頂くことになりました。

ゼヒゼヒこのオシャレな空間を実際に体感頂けたらと思います。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

| Posted by : 現場レポート | 15:10 |

こんにちわ、矢野です。

 

先日、板張り教室が開催された後、

湯中さんの歓迎会が開催されました。

 

会社近くの雲母(きらら)さんにての歓迎会。

どーでもいい事ですが、中津さんが頼む飲み物が

なんちゃらフィズとか梅酒ソーダとかで、

毎度「女子か!!!」とツッコミ入れずにおれんです。

入社すぐには歓迎会しないのは、すぐに辞めちゃう危惧があるからとかないからとか。

代表が「どうや、続けれそう?」と聞くと

湯中氏:はい、大丈夫です(ちょろいっす)とのこと。

()内は心の声の代弁です。ウソです。

 

で、お約束の2次会

湯中氏 大都会を熱唱・・

X JAPANの紅を入れてみたけど、

それまた余裕。

高音出まくりまくって凄いです。

 

湯中さん、2次会の盛り上げ役も含めまして

今後とも宜しくお願いします。

(今度マライア入れてみよう・・)

 

 

 



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

| Posted by : - | 11:07 |

こんにちは、柳川です。

あったかい日があったかと思いきや、また急に冷え込んだり。

この時期は、日中と朝晩との気温差も大きいので、

何着ていいか毎日悩みますね。。

ヒートテックはまだまだ手放せないね!と、

寒がりの矢野さんと私は意見が一致!

 

そんな、朝から寒かった先週の土曜日に

板張り教室を開催しました。

 

体験していただく前に、まずは木についてもっと知っていただきたいと、

2階にてお話しさせていただきました。

 

 

「国産材は植えられて50年を迎える木が多く、

今が使いどきなんです!」と語る設計部の中津さん。

スギやヒノキの特徴、節について、含水率について等々、

みなさん興味津々で聞いておられました。

 

 

いよいよ1階にて張り方体験です。

指導してくれるのは、大工経験のある施工部の湯中さんです。

 

寸法の取り方、さしがねや鋸の使い方、釘の打ち方などなど

一通り説明して、

「みなさんが納得のいくところまで頑張ってみましょう!」の声で

それぞれにわかれてまずはチャレンジです。

 

 

 

鋸もいざ使ってみると思うように進まないようです。

日本の鋸は引く時に切れるように作られているけど、外国のものは

逆に押す時に切れるようになっているんだとか。知らなかった〜

 

 

 

打っている間に釘がいがんでしまって、最初は悪戦苦闘されて

いましたが、何度かやっている間にコツを掴まれたようです。

張るペースがどんどんあがっていきます。

 

 

みなさん、スペースがなくなるまで張り進めれられ、

「もう十分!楽しかった〜」と、ご満足いかれたようです。

 

この日はじっとしているととても寒かったので、

この後も2階にあがっていただき、コーヒータイムで

寛いでいただきました。

 

中津&湯中コンビでの初めてのセミナーでしたが、

笑い声がよく聞こえ、和気あいあいと楽しそうでした。

 

帰り際、4月の塗り壁教室にもお申込みをしていかれた皆様、

また来月、お待ちしておりますね。

今日は寒い中、お疲れ様でした!

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 14:43 |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
民家のFacebookです。


(株)建築士事務所民家〜大工技術を活かした木造住宅 新築一戸建て・リフォームも〜

Copyright © MINKA. All Rights Reserved.