こんにちわ、矢野です。

 

三連休初日の7月13日にS様邸の構造見学会が開催されました。

 

ちょうど同日同時刻に地元のだんじり祭りが開催されており、

ご参加の方々のお迎えと、だんじりがバッティングするんじゃないかと

ちょっとヒヤヒヤ;

 

↓お迎え前の様子です。業務用扇風機がブンブン稼働しています。

1階の床は断熱材が敷き詰められ、その上に合板の下地が貼られています。

低温床暖房も入っています。

今後杉板のフロア材が貼られます。

2階も床下地まで進んでいました。

2階の床は根太レス工法となっており

28个旅臠弔鯲造膨湘修蠅掘剛性を確保しています。

おかげで私のようなドン臭い者がうっかり根太の間をすり抜けて

下まで落っこちるなんてな事故が起こりません。

設計の細江さん、ありがとうございます。

勝手にお礼言わせて頂きます。

 

前置きが長くなりましたが、見学の方が無事に到着され、

見学会スタートです。

お座り頂いているのは、和室の小上がり部分です。

腰をかけるのにちょうどいい高さですね、

 

接合部の事、柱と梁の事、基礎と土台の事、などなど

ご説明とともに、実際に確認して頂きました。

お施主様のS様ご主人様も来てくださり、

今までの経緯なども詳しくご説明くださり、

ご参加頂いた皆様も積極的にお話しされていました。

 

S様、ご参加くださいました皆様、

本当にありがとうございました!!!

これからも無事にに工事が完工しますように。

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

| Posted by : イベントレポート | 16:39 |

こんにちは、柳川です。

 

先週の土曜日に福島区にてリノベーション見学会を

開催させていただきました。

 

 

鉄骨3階建てのS様邸は古い木造の長屋だったのを

45年前にお父様が建て替えられたものだそうで、

現在1階は印刷屋さんに店舗としてお貸ししていて、

S様ご家族は3階部分で暮らされており、ご両親が

お住まいでそのままになっていた2階部分を

今回リノベーションされました。

 

なので、炊事や洗濯などの普段の生活は3階で済まされるので、

こちらはテレビなども置かずに、中学生の息子さんが勉強したり、

本を読まれたりと、静かなリラックス空間として使われているそうです。

 

 

S様や息子さんも来て、いろいろお話しくださり

クローゼットの中なども見せていただきました。

天袋にすると、奥行きが深く使い勝手が悪くなりがちとのことで、

クローゼットの中の上部に棚を1段造ることで、

手も届きやすく便利な収納場所となっていました。

 

 

小さい部屋がいくつかあり暗かった為、仕切りの壁を

取り払い、フロア全体が見通せる間取りにしたことで

明るく風通しが良くなったそうです。

 

キッチンやお風呂をなくして部屋を広くすることも

考えたそうですが、将来子ども世帯が住むとか、

人に貸したりすることも視野に入れ、水回りの配置を変え

設備を一新されました。

 

新しく生まれ変わった住まいは、当面ゲストルームや

親戚、友人たちとの団らんに使う予定だそうです。

 

 

見学会終了後のアンケートには

「鉄骨造りでも自然素材でリフォーム可能だとわかりました」 

「部屋全体があたたかい雰囲気でよかった」

「素敵なお家で居心地が良く、一部屋だけでも我が家に取り入れて

みたいと思いました」

と書かれていました。

 

リフォームをお考えのみなさまにとても参考になったようです。

S様、今日は本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 12:06 |

こんにちは、柳川です。

 

先週の土曜日に「第2回DIY・DAY」を

開催しました。

またまた、たくさんのお申込みをいただき、

今年は抽選とさせていただきました。

はずれてしまった方、ごめんなさいm(__)m

 

DIYが好きな方たちが集まってくれました。

 

 

棚を作りたいとご自宅から2m程の板材を持って来られた方も!

慣れた手つきで鋸を使い、どんどんカットしていきます。

さすがにうまいな〜

 

 

お父さんが釘の打ち方や鋸の使い方を教えていました。

最初はうまくできなかったけど、なんどもやっている間に

コツをつかんだようです。習得するのが早い!

 

 

壁と天井に焼き杉を張り、壁の開口部から中を覗くと

右端の天窓から光が射しこみ、とても雰囲気のいい

住まいが完成していました。

未来は建築士?!とみんなから大好評でした。

 

 

こちらは兄弟で仲良く、ラジコンカーで遊ぶための

ジャンプ台(?)を作成中。いいのが出来たかな?

 

 

仲良くテキパキと分担しながら作業されていた

ご夫婦が作られたのが、

 

 

マガジンラックです。

「難しい本棚に挑戦したけど、親切に教えて

もらって、最後まで頑張って作ることができて

よかったです!」

と、とても嬉しそうでした。

 

 

 

こちらの母娘は玄関の式台を作成し、

残った時間でブランコ付きのドールハウスを。

 

 

板に穴を開け、紐を通して結んで繋いでいます。

アイディアがすごいですね!

 

 

こちらは、もうすぐ3歳になる息子さんの誕生日プレゼントに

何か作りたいと参加いただき、

 

 

完成したのは、踏み台です。

「木の香りが気持ちのよい素敵な踏み台が出来て

よかったです。息子にも木材や工具に触れさせられ

親子で貴重な体験をさせていただきました。」

と、とても喜んでいただけました。

 

限られた時間の中でしたが、みなさん満足のいく作品が

完成することが出来て、本当によかったです!

暑い中、お疲れ様でした!

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 16:03 |

こんにちは、柳川です。

あったかい日があったかと思いきや、また急に冷え込んだり。

この時期は、日中と朝晩との気温差も大きいので、

何着ていいか毎日悩みますね。。

ヒートテックはまだまだ手放せないね!と、

寒がりの矢野さんと私は意見が一致!

 

そんな、朝から寒かった先週の土曜日に

板張り教室を開催しました。

 

体験していただく前に、まずは木についてもっと知っていただきたいと、

2階にてお話しさせていただきました。

 

 

「国産材は植えられて50年を迎える木が多く、

今が使いどきなんです!」と語る設計部の中津さん。

スギやヒノキの特徴、節について、含水率について等々、

みなさん興味津々で聞いておられました。

 

 

いよいよ1階にて張り方体験です。

指導してくれるのは、大工経験のある施工部の湯中さんです。

 

寸法の取り方、さしがねや鋸の使い方、釘の打ち方などなど

一通り説明して、

「みなさんが納得のいくところまで頑張ってみましょう!」の声で

それぞれにわかれてまずはチャレンジです。

 

 

 

鋸もいざ使ってみると思うように進まないようです。

日本の鋸は引く時に切れるように作られているけど、外国のものは

逆に押す時に切れるようになっているんだとか。知らなかった〜

 

 

 

打っている間に釘がいがんでしまって、最初は悪戦苦闘されて

いましたが、何度かやっている間にコツを掴まれたようです。

張るペースがどんどんあがっていきます。

 

 

みなさん、スペースがなくなるまで張り進めれられ、

「もう十分!楽しかった〜」と、ご満足いかれたようです。

 

この日はじっとしているととても寒かったので、

この後も2階にあがっていただき、コーヒータイムで

寛いでいただきました。

 

中津&湯中コンビでの初めてのセミナーでしたが、

笑い声がよく聞こえ、和気あいあいと楽しそうでした。

 

帰り際、4月の塗り壁教室にもお申込みをしていかれた皆様、

また来月、お待ちしておりますね。

今日は寒い中、お疲れ様でした!

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 14:43 |

こんにちわ、矢野です。

風邪引きました。寝違えました。

ブルーです。

 

それはさておき16日に開催されましたH様邸完成見学会。

おかげさまで沢山の方々にお越しいただきました!

寒い中、本当にありがとうございました!

ご説明に必死で、なかなか写真も取れずだったのですが、

木をふんだんに使った内部の様子や、

広々とした空間構成などなど。

 

沢山の方に関心を持って見て頂くことが出来ました!

お子さまはかくれんぼがお好きなご様子。

沢山の方々にご参加頂き、

思わず話が弾む素敵な出会いもあり、

私にとっても特別な一日となりました。

 

Hさま、本当にありがとうございました!

これから始まる新居での暮らしが

シアワセいっぱいでありますようお祈り致します!

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

| Posted by : イベントレポート | 11:17 |

こんにちは、柳川です。

 

先週の土曜日に富田林にて薪ストーブの体感見学会を

させていただきました。

昨年の3月に鉄骨2階建ての学生寮だった建物を民泊へと

リフォームされた民泊あじさいさんです。

 

(多目的スペースに薪ストーブが)

 

1年ぶりの訪問でしたが家電製品やテーブル、ロッキングチェアなどが

増えていて寛ぎの空間になっていました。

 

 

設計担当の細江さんより、建物とリフォームの内容を

説明させていただきました。

 

 

2階のお部屋にもご案内。

奥の壁には、完成見学会の際に参加者の方に塗り壁体験として

「微風(そよかぜ)」を塗っていただきました。

 

↓その時の様子がこちらです。

見学会と塗り壁体験

 

お施主さまと一緒にみんなで塗ったので、あっという間に

完成することができました。

みなさんとても手際がよく上手で指導いただいた藤さんも

びっくりされていました。

 

こうして見てみるとやっぱり塗壁はあたたかみがあり、

落ち着きますね。

 

 

 

参加者の方から薪代のことについて質問がありましたが、

Sさまは近隣の森林ボランティアに参加し、薪を分けて頂いてるそうです。

 

気になる煙も完全燃焼すれば問題ないそうですが、最初の頃は

夜に白い煙がモクモクあがった事があり

通報されるんではとヒヤヒヤした経験もあるそうです。

 

 

最後に代表お手製のぜんざいを食べていただきました。

おいしい!と大好評で、お代わりされる方も・・・

薪ストーブとぜんざいで暖まり、ほっこり。。

 

用意していたウエルカムボードはお持ち帰りいただき

ご自宅でチャレンジしていただく事に。

 

民泊は本格的にまだスタートしていないようで、

今のところは知り合いの方がなんどか利用されたぐらいだそうです。

また、宿泊できるようになったらご紹介します!

 

 

薪ストーブはやっぱりいいですね。

この炎に癒されました〜

 

Sさま、今日は寒い中色々と準備していただき

本当にありがとうございました。

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 18:29 |

こんにちは、柳川です。

 

先週の土曜日に現在新築工事中の堺にて

構造見学会を開催させていただきました。

 

 

お近くから歩いて来られた方が、「ちょっと場所が不安だったんですが、

木のいい匂いがするので、この辺だろうな〜と思いました。」と

言って来られました。

スケルトン状態なのでスギの香りが風で運ばれてるんですね〜

 

 

代表と設計の細江さんより、今回の住まいの概要や細かい仕様、

柱や梁、国産材の特性などをお話しさせていただきました。

 

 

 

1階天井の写真ですが、左下に大きな梁が入っています。

梁せいと言ってこの梁の高さが大きいことにより、上からの荷重を

がっしりと支えるんだそうです。

 

 

構造見学会では、建ってしまうと見えなくなる柱や基礎などの

状態が見れるのがよいところです。

大引や根太などの土台部分にはヒノキ、それ以外の柱などはすべて

杉を使っています。

 

上は水道管の配管でピンクがお湯、青が水だそうです。

こんな風になってるんですね〜

 

 

お施主さま家族もお越しくださり、今回土地探しから始まった事、

住まいづくりに対する想いなどお話しくださいました。

 

また、参加者からの熱心な質問にもお応えくださり、

アンケートには「直接いろんなお話が伺えてとても参考になりました。」とのコメントが。

 

実際に住まいづくりをされている方の気持ちや悩みなどを聞くのが

一番身近でわかりやすく参考になるようです。

 

Hさま、本当にありがとうございました。

 

完成見学会も2月16日に開催させていただきます。

ぜひ、どんな風に完成するのかをご覧ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 14:34 |

ゆすはらツアー2日目も、お天気は良好。

いざ四国カルスト高原へ。

 

 

バスの窓からじっと景色を眺めながら登っていったのですが、

残念ながら雲海はみられませんでした。

前日と朝の気温差が激しいと雲海が見られるそうですが、、、

冷え込みがたりなかったのでしょうか。

 

 

カルスト高原は、見事な青空でした。

 

 

風もなく、風車も回っていませんでした。

いつものように記念撮影。日が燦々とさして眩しい〜

お天気が良すぎましたね、今年は。

 

ゆすはら町内にもどり、まずは三嶋神社へ。

 

 

梼原の語源となった「梼の木(ユスノキ)」もこちらで見られます。

 

 

このすぐ横に「坂本龍馬脱藩の道」が通っています。

 

 

神幸橋(木橋)を渡り、歩いてすぐのところに

隈研吾さん設計の「雲の上の図書館」がありました。

 

 

今年5月にオープンしたばかりで初めての訪問です。

 

 

こちらは段々の空間で棚田をイメージしているとか。

 

 

 

天井からの木組みは樹木を連想させ、まるで森の中のようです。

 

地元の木材をふんだんに活用した空間で、靴を脱いで入るので、

床に座ったり、寝そべったりと自由に楽しめ、

木の床の感触やぬくもりをじかに感じれます。

 

 

こんな気持ちのいい空間でゆっくりと本を楽しみたいですね〜

 

図書館の後は、「まちの駅 マルシェ」でお買いものです。

 

 

みなさん、ゆすはらの野菜や果物などをたくさん購入されていました。

 

 

次に、梼原の庁舎を見学。

平成18年に完成したこちらも隈研吾さん設計です。

1階ホールには梼原町伝統の茶堂が設えられたり、

ガラス面は全面開くことができ、イベント会場として使えたりと

いろんな工夫が施されています。

 

 

そして、高知県唯一の木造芝居小屋の「ゆすはら座」へ。

昭和23年に建てられ平成7年に修復し移築されました。

 

 

隈さんが木造建築に関わるきっかけとなったのが、

このゆすはら座を見て感銘を受けられたからだとか。

すごい建物なんですね。

 

町保護有形文化財として保存されていますが、いまでも

芝居や歌舞伎、映画の上映などに利用されているそうです。

 

 

そして最後は、雲の上のギャラリーを見学。

温泉とホテルを繋ぐ渡り廊下です。

 

 

 

梼原町の建物についての詳しい資料が展示されていました。

 

この後は、くさぶき食堂にてお昼ごはんをいただきました。

 

 

 

ちょっと最後は駆け足になりましたが、昼食を済ませた後

西村さんとお別れし、梼原町をあとにしました。

 

少人数でしたがその分みなさんとコミュニケーションが取れ、

楽しいお話もたくさん聞けたツアーでした。

 

ご参加いただいたお客様、ゆすはらの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 12:13 |

こんにちは、柳川です。

 

先週末から高知県ゆすはら町へ毎年恒例の

1泊2日のバスツアーに行ってきました。

暖かくお天気に恵まれた2日間でした。

 

いつもお世話になる森林組合さんに到着後、ゆすはらの歴史や

取り組みなどについて説明していただきました。

 

 

その後は工場見学です。

 

 

山から伐り出された樹が山積みにされていました。

 

 

この日は工場がお休みだったので、動いている様子は見れなかった

のですが、大きさ別に機械で振り分け皮を剥いでいきます。

 

 

切り落とした端材などはチップにし、ペレットになります。

木の皮は燃料用に使われるそうで、すみずみまで捨てるところがなく

活かされてるんですね。

 

 

製材された材は写真のように並べられ、次に乾燥機にかけられます。

 

 

乾燥させた後は、それぞれのお客様のもとに届けられるよう

邸別にまとめらていました。

 

 

 

なぜか一時に注文が集中するそうで、今はとても忙しいそうです。

たくさんの材が並べられ出荷を待っていました。

 

 

見学が終わった夕方頃から気温が下がり始めました。

やはり山の中ですね〜

森林組合を後にし、雲の上の温泉であたたまって頂き民宿へ。

今年は農家民宿いちょうの樹さんにお世話になりました。

 

  

 

 

野菜や山菜の煮物、しいたけのマスタード焼き、ヤマメなど

たくさんの田舎皿鉢料理をいただきました。

 

今年は地震や台風の影響もあってか、参加者が少なかったのですが

その分宴会の席でもみなさんで楽しくお話ができました。

 

 

食事の後には、囲炉裏でしいたけを焼いてもらいながら

お酒を楽しんだのでした。

 

囲炉裏はじんわりと暖かく、いいものですね〜

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 12:10 |

こんにちは、柳川です。

 

3日に大阪市環境局主催の「ECO縁日」に参加出展してきました。

 

運営事務局の方から、何年か前に森林の市でちびっこ棟上げを見て、

ぜひやって欲しいのですが、と連絡があり出展することになりました。

 

 

最初はなかなか人が通らず、出足が遅かったのですが、

トーントーンと叩く音と、「よいしょ!」の声に少しづつ集まってきました。

 

 

子どもにとっては、自分の背よりはるかに高い桁の上は、

怖そうに思えるようです。特に男の子は怖がりさんが多いのか、

圧倒的に女の子の方が多かったです。

照れくさいのもあるのかもしれません。

 

槌でたたいて打込んだ後は、写真撮影タイムです。

が、親御さんが構えるカメラにはなかなか視線が行かず、

視界がかわり珍しいのか辺りをキョロキョロしている子が

多かったですね。

いい写真が撮れたかな。。

 

 

他のブースを覗いてみました。

 

 

 

 

エコをテーマにしたイベントということで、ハイブリッド電気自動車や

水素で走る車などが展示紹介されていました。

 

 

こちらでは小学生以上を対象にした「ソーラーメロディーハウス」の工作。

太陽が当たると発電して電子オルゴールが鳴るシステムのようです。

すごい!

 

 

他には、鶴見緑地里山エリアの野鳥を木彫りで紹介したものなども

展示されてて、色塗り体験で野鳥ブローチを創っていました。

 

 

 

 

 

噴水の近くでは、シートを広げてお弁当や販売されている

クレープやピザなどを食べる家族連れが多くいらっしゃいました。

 

私も実家から近いこともあって、子どもが小さい頃には

お弁当や遊具を持ってよく遊びに来ていました。

ちょっと懐かしく想い出したのでした。

 

さて、協会秋のイベント最後は週末のゆすはらツアーです。

どうぞお天気で、暖かくなってくれますように!

 

 

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 12:13 |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
民家のFacebookです。


(株)建築士事務所民家〜大工技術を活かした木造住宅 新築一戸建て・リフォームも〜

Copyright © MINKA. All Rights Reserved.