こんにちは、柳川です。

 

梼原ツアーで撮った集合写真をお世話になった

森林組合さんが送ってくださいました。

ちょうどあれから1ケ月、、、

早いものですね〜

 

先週、築20年目を迎えるOBさんのお宅にて見学会を

開催させていただきました。

 

 

ここは大阪でも北に位置する豊能町。大阪市内に比べて

約5℃ほど気温が低い地域です。

畳のお部屋には、通常のメーカーの床暖房。

 

 

リビングダイニングには、ヒノキの床板の低温床暖房です。

じわ〜っと足元から温く、気持ちいいです♪

 

畳のお部屋は、お昼寝をしたりするときにだけ暖房を

入れられるそうで、普段はリビングダイニングで過ごす

ことがほとんどだそうです。

 

 

無駄なものがなくすっきりしていて素敵です。

奥様のお話を聞いていると、要らないものは捨てる。

これがやはり片付く秘訣なんだな、と思いました。

 

 

2階は新築当時はお子さんたちのお部屋でしたが、

現在はご夫婦お2人がそれぞれの趣味の部屋として

使われているそうです。

 

 

 

 

 

それにしても、無垢板って20年という年月でこんなにも

いい色になるんだな〜とあらためて感じました。

 

ワックスがけも一度もされていないそうです。

「水拭きとかされるんですか?」

の参加者の問いに

「いいえ、普段は掃除機をかけるだけです。あとは

なにかをこぼした時に拭くだけです。」

 

 

帰り際、お庭にたくさんなっていた柚子でつくられた

はちみつ漬けをごちそうになり、お土産にも頂きました。

頂いた柚子で私も作ってみたいと思います!

 

お2人の会話に楽しい時間をすごさせていただきました。

Oさま、今日は本当にありがとうございました!!

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 15:56 |

こんにちわ、矢野です。

 

会社のPCが入れ替わりました。

今まではノートPCだったため画面を覗き込んで

地味に腰にくる姿勢だったのですが

この度、大画面モニターのデスクトップを入れ替えて頂き

もう二度とノートになんか戻れない〜なんて

すっかり贅沢に慣れてる次第です。

 

さて、先週末 柏原市のY様邸の改修工事におきまして

完成見学会が開催されました。

まずは、ビフォーから↓

お米と自然食品を扱うお店の倉庫として利用されておりました。

それを1/3だけ倉庫として利用し、残りの2/3を住居としてリノベーション工事をさせて頂きました。

そしてアフターがこちら↓

まさかの外部写真撮り忘れにて工事途中写真になり申し訳ありません。

おしゃれな店舗かと思うくらいに様変わりしました!

実際に工事中には通りかかりのご近所さんに

「なんのお店になるんですか?」と度々聞かれることもあり、

大工さんが冗談で「たこ焼き屋さんです」と答えたもんだから

冗談がマジ話となって広がり、未だに開店を心待ちにしてる

ご近所さんもおられることかもしれません。

この場で訂正させて頂きます。こちらは住宅(一部倉庫付)でございます。

恐らく見てないかとは思いますが。

以前工事をさせて頂いたK様の息子さんが陶芸家の方で、
ご縁があってこの度 作品展覧会とコラボして頂きました!
雄大かつ繊細なこちらの作品、「刻」という作品だそうです。
縄文式土器や弥生式の形になぞらえ
枝が広がる木をモチーフに作られているのだとか。
一つ一つのパーツを丁寧に丁寧に作っては重ね作っては重ねて
完成まで半年はかかるそうです。
溜息が出るほど美しく、大変見入ってしまいました。
↓リビングダイニングです。
平屋の倉庫の屋根に沿って、ぐーんと高い勾配天井になっています。
天井高さを抑えた玄関ポーチから入ると開放的な空間が目に飛び込んでくる仕様です。
鉄骨の筋交い部分は塗装し、ライン照明を仕込んでいます。
奥に配置されたキッチンはリビングとは対照的に天井を低く抑え、
メリハリをつけ、作業をするのに落ち着いた空間になっています。
奥の壁のアクセントクロスはお施主さんが悩みに悩んで選ばれました。
ぐっと奥行き感が出て部屋が広く感じます。
こちらは寝室↓こちらも天井高を低く抑え、
落ち着きのある空間になっています。
洗面脱衣室とトイレです。
お一人暮らしで、洗面とトイレは一体になっています。
腰壁のタイルが深い藍色で、とても綺麗です。

ざっとお部屋の紹介をさせて頂きましたが、

見どころもこだわりも満載でとても書ききれません。

設計の中津さんの横で、ずっと関わってきたので

無事に完成し、見学会が無事に開催され本当に安堵しております!

 

施工部 川崎さん、湯中さん、そして設計部中津さん!

本当にお疲れさまでした!!

今回ご参加くださった皆様、そしてそしてY様!!

 

本当にありがとうございました!!

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 16:22 |

こんにちは、柳川です。

 

朝晩の冷え込みが厳しくなりましたね。

パソコンを打つ手がかじかむ〜

 

続きまして、ゆすはらツアー2日目です。

 

雲海を期待しながらカルスト高原へ。。

ん〜、まだないな〜、もう少し上ったらあるかな〜。

あれ〜、すっきり晴れてるな、、、

 

 

お天気が良すぎたせいか、冷え込みが足りなかったせいか

今年も残念ながら雲海は見られませんでした。。

みなさん、ごめんなさい〜

 

カルスト高原は雲一つなく快晴でした。

 

 

道路挟んでこちら側が愛媛県。

 

 

風車がある方が高知県になります。

それにしても、空の色が美しい〜

 

 

ゆすはら町内にもどり、まちの駅マルシェへ。

こちらもまたまた隈研吾さん作です。

2階は雲の上のホテルの別館になっていて、1階には

ゆすはら町の特産物や、朝採れたばかりの新鮮な野菜や

果物も並んでいます。

 

 

ここで森林組合の田尾さんともお別れです。

みなさん、たくさんご購入いただきありがとうございました!

 

梼原町から約1時間半、高知市内の日曜市へ出かけました。

ここからは皆さん自由に散策していただきました。

 

 

300年以上も続く歴史あるこの街路市。

片側車線をつぶして、1丁目から7丁目まで近郊の農家を

中心に約400ものお店が並ぶそうです。

 

 

その中にある「ひろめ市場」で昼食をとろうと中に入ると、

こんなにもたくさんの人で賑わっていました。

 

 

ここの藁焼きの塩たたきが有名だそうで、みんな

並んで購入していました。もちろん私たちも。

 

テーブルに乗りきらないほどのお料理をいただき、

またしてもお腹いっぱいに。

私たちが何を食べたかは、代表のブログをご覧ください(笑)

 

代表ブログ お茶漬け白書

満腹ゆすはらツアー

 

 

矢野さんおすすめの美味しいお塩「塩二郎」を探しに

高知の名産品が集まるセレクトショップを訪ねましたが、

あまりに人気で半年前から入荷されておらず、、、残念!

 

 

中央公園と帯屋町のアーケードではこの日「豊穣祭」が

行われていて、こちらもたくさんの人で盛り上がっていました。

 

2時間あまりの高知市内散策でしたが、まだまだ見足りず

またゆっくり訪れたいと思いました。

 

ご参加いただいた皆様、お疲れさまでした。

そして、毎年お世話になっている森林組合の皆様、

本当にありがとうございました!!

 

来年こそは、雲海が見れますように。。

 

 

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 15:47 |

こんにちは、柳川です。

 

先週末、恒例のゆすはらツアーへ行ってきました。

今年はたくさんのお申込みをいただき、

スタッフ合わせて総勢22名です。

 

毎年お世話になる梼原町森林組合さんに到着後、

工場を案内していただきました。

 

 

 

山から切り出された原木を運び、大きさ別に分け

木の皮を剥いでいきます。

 

 

切り落とした端材などはチップにし、ペレットになりますが、

木の皮は燃料用としていかされるそうです。

捨てるところがないって、すごいですね〜

 

 

構造材やフローリング材など用途別に製材されたものを

並べて乾燥機に入れ、3週間ほど低温乾燥します。

 

 

乾燥機から出てきた材は、邸別に分けられ

出荷を待つだけになっていました。

 

 

工場見学の後は、スギの伐採体験をさせていただきました。

 

 

製材用や伐採体験用と一目でわかるように、

赤や白のテープの目印がつけられていました。

 

樹齢によって太さもかなり違います。

伐採したのは、ちょっと細めのスギですが、

これでも樹齢50年だそうです。

 

 

バキバキバキ、ドォーン、と倒れる姿は圧巻です!

ちゃんと倒れる位置を計算して伐採されていると

わかりつつ、「さがって!」と言われると

皆いっせいにあたふたと後ろへ走っていました(笑)

 

 

森林組合を後にし、梼原町に数多くある建築家・隈研吾さん

設計の建物のひとつである庁舎を訪ねました。

雲の上のホテルが飛行機なら庁舎は格納庫をイメージして

つくられたそうです。

 

 

続いて、雲の上の図書館へ。

こちらは昨年の5月にオープンしたばかりです。

 

 

梼原の自然に溶け込むような森をイメージしたつくりに

なっています。

 

 

中にはボルダリングのコーナーもありました。

 

 

絵本コーナーにはキッズ用のいすやテーブルも。

奥にはベビールームがあり、おむつ替えや授乳もできるようです。

子育て世代には嬉しいですね。

 

家族連れや、子供たちなどたくさんの方が寛いでいました。

 

図書館を後にし、次は雲の上の温泉へ。

 

 

ホテルと温泉をつなぐ渡り廊下で、こちらも隈さんの作品です。

 

梼原ツアー8回目にして初めて温泉に入りました。

露天風呂がとっても気持ちよかった〜♪

 

そして、いよいよお楽しみの夕食です。

 

 

民宿かわいさんの田舎皿鉢料理はどれも美味しくて、

このお料理が楽しみで来てくださるリピーターの方が

いらっしゃるほどです。

 

 

宴会も盛り上がってきたところで、高知名物「箸けん」です。

3本ずつの箸を持ち、先手と後手がそれぞれ隠して出した

箸の数を予想し合い勝負をし、負けた方がお酒を飲むという

江戸時代からあるお座敷遊びだそうです。

 

みなでチャレンジしますが、なかなか勝てません!やはり田尾さん強い〜

みんなどんどんお酒がすすんで、すすんで。

 

こうして1日目の夜は、おいしい食事とお酒をたらふくいただき

盛り上がったのでした。

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 19:15 |

こんにちは、柳川です。

 

日曜日に桜ノ宮で毎年開催される「水都おおさか森林の市」に

出展してきました。

 

 

 

今年は、カンナくずを使ってつくる「カンナ華づくり」に

チャレンジしてもらうことに。

朝一番、私たちスタッフも中津さんから作り方をレクチャー

してもらいました。以前習ったはずなのに、すっかり忘れてる。。

 

すると、「何を作っているの?」「カンナくず?素敵ね〜」と

どんどん人が集まってきました。

 

 

スギ、ヒノキ、ヒバ、それぞれの匂いを嗅いでもらい

違いを体感してもらいました。

 

 

カンナくずを折って一枚の花びらを作り、それを何枚も

重ね合わせて花の形に作っていきます。

折り紙のような細かい作業が多いせいか、女の子や大人の

方に大人気でした。

ご夫婦で仲良く作られる方も。。

 

 

みなさんご自分で色々とアレンジして作られていました。

どれも素敵です!

 

 

用意していたカンナくずはどんどんなくなり、

途中で何度も削ってもらうことに。

削りたては匂いがたちいい香り〜♪

 

 

残ったカンナくずは、お風呂に入れるといい香りがするからと

持って帰りたいという方が何人かいて、最後には綺麗になくなっていました。

 

 

今年も大盛況のうちに終わった森林の市。

こんなに人気があったから来年もまたするかなぁ。。

興味のある方はぜひ来年遊びにきてみてくださいね。

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 11:52 |

こんにちわ、矢野です。

大きな台風が近づいているそうでいろいろ心配です。

 

さて先日、柏原市のS様邸の新築現場におきまして

完成見学会が開催されました。

ガルバと木部の外壁がモダンな雰囲気のこちらのお家、

もともとは大きなお家だったのですが、

コンパクトにというご希望で建替えされました。それでも十分広々です!

一階は和室と対面キッチンのリビングです。

吹抜けを介して開放的かつ2階部分とのつながりを感じることができます。

和室は小上がりになっています。腰を掛けられる高さにすることで

リビングと目線の高さが揃い、圧迫感が無くなります。

 

見学された方かからは、すごく居心地がいい!

木の香りに癒される!と沢山お言葉を頂きました。

ほんと気持ちが良いですよね、

いろいろご説明するより、実際に感じて頂くのが

一番だと思います。

S様、この度は本当にありがとうございました!

ワンちゃんとご家族と、新たな住まいで

これからも楽しい生活がお送りできますように!

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

| Posted by : イベントレポート | 13:32 |

こんにちは、柳川です。

 

今日からお盆休みに入られた方も多いのではないでしょうか。

民家も明日11日から18日までお休みをいただきます。

こんなに長いお盆休みは初めてですね!

 

そんな連休初日、外は38度近い暑い中、協会セミナーの

モケイづくりにたくさんご参加いただきました。

 

講師は設計部の中津さんです。

 

 

モケイづくりの基本、切り方や張り方などを説明したら、

あとは窓や玄関、屋根の形状など形にとらわれず

自由に考えてもらいました。

 

 

一心不乱にカットしています。

 

 

スチロール専用の糊を使いますが、出過ぎるので要注意!

薄めにつけるのがポイントのようです。

 

 

それでは、完成したみなさんの作品をご紹介します。

 

 

アーチ型の窓が優しい表情をだしています。

植栽もステキです!

 

 

片流れの屋根がシャープな印象ですね。

私好みです!

 

 

星型の窓が個性的ですね〜

 

 

 

角度を変えると、全く違う顔をしていますね。

今日一番の独創的な作品です!

 

「こんな家に住みたいわ〜」と、完成した自分の作品をみて

つぶやいていた小学2年生のお姉ちゃんは建築士になりたいそうです。

将来、民家に来てくれないかなぁ〜

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 15:36 |

こんにちは、柳川です。

 

連日猛暑が続いておりますが、みなさま

体調など崩されてませんか?

 

土曜日に堺市で行われた「スギ時計づくり」に

たくさんのお申込みを頂いたので、お手伝いに行ってきました〜

 

 

今までありそうでなかったスギの端材を使った時計づくり。

ムーブメント(電池を入れる時計の本体部分)と時計の針の間に

文字盤となる材を挟み、ネジで固定するのですが、

厚みに限りがあるため、今回は13ミリの壁材を使用しました。

 

 

時計の向きを縦にするか横にするかを決めたら

ムーブメントを固定し、使用する秒針の長さに合わせて

丸くカットし30度ずつに線を引いた紙をセットし

文字盤の位置を確認します。

 

 

みんな木レースの木端を張ったり、絵を描いたりと

思い思いのアイディアを形にしていかれました。

 

では完成したみなさんの作品をご紹介します。

 

 

 

 

シンプルに木っ端を貼って、空白部分に文字や飾りを

付けられていました。

毎年、夏の木工つくりにご参加いただいているOさま母娘です。

いつもありがとうございます!!

 

 

こちらも母娘でご参加いただきました。

左がお姉ちゃんの作品ですが、阪神タイガースの

マスコットキャラ、上手すぎです〜

文字盤の中心はタイガースのマーク、1から12の文字には

なんと阪神の選手名が書かれています!

阪神愛を感じます!すてきです!

 

 

こちらは可愛いお花がいっぱい咲いています!

細かい木っ端を一つずつ綺麗に貼っていくのって

結構根気がいる作業なんですよね。

大変だったのではないかな。。

 

 

お母さんと一緒に貼ったり、塗ったりとチャレンジ

してくれた4歳のお姉ちゃんは、

「すごく楽しかった〜いいのができてすごく嬉しい〜!」と

ニコニコ顔で伝えてくれました。

とっても素敵な笑顔を紹介できないのが残念です。。

 

 

最後は3人兄弟の作品です。

左は海をイメージしているんですね。

右は12=太陽、3=月、6=星、9=木を木っ端で

表現し右下には地球が描かれているそうです。

宇宙レベルですね〜

 

いやぁ、ほんとに子どもの発想っておもしろくて

いつもスゴイな、って驚かされます!

いろんな作品が見れて楽しかった〜♪

 

みなさま暑い中ご参加いただき、ありがとうございました!!

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 15:45 |

こんにちわ、矢野です。

 

三連休初日の7月13日にS様邸の構造見学会が開催されました。

 

ちょうど同日同時刻に地元のだんじり祭りが開催されており、

ご参加の方々のお迎えと、だんじりがバッティングするんじゃないかと

ちょっとヒヤヒヤ;

 

↓お迎え前の様子です。業務用扇風機がブンブン稼働しています。

1階の床は断熱材が敷き詰められ、その上に合板の下地が貼られています。

低温床暖房も入っています。

今後杉板のフロア材が貼られます。

2階も床下地まで進んでいました。

2階の床は根太レス工法となっており

28个旅臠弔鯲造膨湘修蠅掘剛性を確保しています。

おかげで私のようなドン臭い者がうっかり根太の間をすり抜けて

下まで落っこちるなんてな事故が起こりません。

設計の細江さん、ありがとうございます。

勝手にお礼言わせて頂きます。

 

前置きが長くなりましたが、見学の方が無事に到着され、

見学会スタートです。

お座り頂いているのは、和室の小上がり部分です。

腰をかけるのにちょうどいい高さですね、

 

接合部の事、柱と梁の事、基礎と土台の事、などなど

ご説明とともに、実際に確認して頂きました。

お施主様のS様ご主人様も来てくださり、

今までの経緯なども詳しくご説明くださり、

ご参加頂いた皆様も積極的にお話しされていました。

 

S様、ご参加くださいました皆様、

本当にありがとうございました!!!

これからも無事にに工事が完工しますように。

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

| Posted by : イベントレポート | 16:39 |

こんにちは、柳川です。

 

先週の土曜日に福島区にてリノベーション見学会を

開催させていただきました。

 

 

鉄骨3階建てのS様邸は古い木造の長屋だったのを

45年前にお父様が建て替えられたものだそうで、

現在1階は印刷屋さんに店舗としてお貸ししていて、

S様ご家族は3階部分で暮らされており、ご両親が

お住まいでそのままになっていた2階部分を

今回リノベーションされました。

 

なので、炊事や洗濯などの普段の生活は3階で済まされるので、

こちらはテレビなども置かずに、中学生の息子さんが勉強したり、

本を読まれたりと、静かなリラックス空間として使われているそうです。

 

 

S様や息子さんも来て、いろいろお話しくださり

クローゼットの中なども見せていただきました。

天袋にすると、奥行きが深く使い勝手が悪くなりがちとのことで、

クローゼットの中の上部に棚を1段造ることで、

手も届きやすく便利な収納場所となっていました。

 

 

小さい部屋がいくつかあり暗かった為、仕切りの壁を

取り払い、フロア全体が見通せる間取りにしたことで

明るく風通しが良くなったそうです。

 

キッチンやお風呂をなくして部屋を広くすることも

考えたそうですが、将来子ども世帯が住むとか、

人に貸したりすることも視野に入れ、水回りの配置を変え

設備を一新されました。

 

新しく生まれ変わった住まいは、当面ゲストルームや

親戚、友人たちとの団らんに使う予定だそうです。

 

 

見学会終了後のアンケートには

「鉄骨造りでも自然素材でリフォーム可能だとわかりました」 

「部屋全体があたたかい雰囲気でよかった」

「素敵なお家で居心地が良く、一部屋だけでも我が家に取り入れて

みたいと思いました」

と書かれていました。

 

リフォームをお考えのみなさまにとても参考になったようです。

S様、今日は本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 12:06 |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
民家のFacebookです。


(株)建築士事務所民家〜大工技術を活かした木造住宅 新築一戸建て・リフォームも〜

Copyright © MINKA. All Rights Reserved.