こんにちは湯中です。

 

連日の雨で、何の作業をするにも頭を悩まされる今日この頃です。

この梅雨が終われば...夏が来るので頑張ります(*^-^*)

 

 

先日O様邸の改修工事が始まりました。

こちらの現場はざっくり言いますと

1、浴室を在来→UBに入替え

2、白蟻駆除

3、床の張り替え

4、洗面台の交換

5、トイレの拡大

という工事内容になっております。

 

まず浴室の解体から始まりました!

解体前はこんな様子でした。

今回は解体のプロ”川先生”にご協力いただきました。

いつも頼りになります(*^-^*)

壁解体の様子です。

以前の調査で白蟻の存在は確認していました。

左側が外壁部、右側が内壁部(間仕切り)だったのですが、

この現場は内部側の方が白蟻被害が多かったです。

天井解体の様子です。

浴槽周りの解体の様子です。

浴槽はそのままではそのままでは運び出せないため、

カットして小さくしたあとに運びました。

浴槽が真っ二つになる瞬間に興味がある方はこちらをご覧ください↓

https://www.instagram.com/p/CCS2qn9nIGL/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

 

解体後に確認したのですが、一番ひどかった箇所がこちらでした。

場所は浴室入口の柱の足元です。

木の芯まで白蟻の被害にあっていました。

一度被害に遭われた家はほっといてもいいことはないので

白蟻被害が発覚したらすぐに対策を講じたほうがいいと思います( 一一)

 

気になる方はご相談してみてはいかがでしょうか?

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

| Posted by : 現場レポート | 17:55 |

こんにちは、湯中です(^^)/

 

本題に入る前に少し僕の個人的なお話しをしますね。

普段からそんなに飲酒をする方ではないと思うのですが、

最近ウイスキーなるものを嗜んでいます★

初めて飲んだ時はあまりの度数に「うへー( ゚Д゚)」となったものです(笑)

いきなり飲むのはしんどいのでハイボールから飲み始めましたが、

今は少しくらいウイスキーの味がわかる飲み方ができるようになった気がします(^^)/

 

さて本題に入りますね。

一つ前の記事で柳川さんがお話ししてましたが、

茨木市のK様邸の地鎮祭が先日行われました。

祭壇の様子です。画面左下に斎砂と呼ばれるものがあるのですが...

こんな様子でした。設計の中津先生セレクトのさくらです!

この斎砂は刈初めの儀や穿初めの儀、供物埋納の儀と呼ばれるものに使います。

今回の記事では地鎮祭の詳細については省略させていただきますね。

お施主様による玉串奉奠(たまくしほうでん)の様子です。

 

せっかくなので、地鎮祭ではあまり紹介されない部分もご紹介します。

地鎮祭は、テントを建てたり荒縄を張ったりと色々な準備があります。

この日の天気は雨だったので、準備と片付けには苦労しました( 一一)

地鎮祭を行うタイミングは基礎着工前、つまり建築が始まる直前ですので

現場の様子はこのようにテントがぽつんと立っている感じになります。

こちらはテント設営が終わり神主さまを待っているときにとったものです。

こちらは敷地内に植えてあるさくらの木です。

お施主様の意向により、このさくらの木はそのまま保存することになりました。

さきほど地鎮祭で使われたさくらはこちらから拝借いたしました!

地鎮祭のあとに神主さまからお預かりしました。

左から上棟札、鎮物、守矢といいます。

鎮め物は基礎着工時、上棟札と守矢は上棟時に使用します(*^-^*)

 

以上現場レポートでした(^^)/

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

| Posted by : 現場レポート | 14:10 |

こんにちは、湯中です。

今日の記事はこちらの記事の続きになります→http://genba.min-ka.jp/?eid=1442538

 

GW明けから始まっていたH様邸のバルコニー改修、外部塗装の工事がひとまず完了しました。

天気のいい日だと、すごい綺麗に見えます。

あとは足場を外して、現場を掃除すればお引渡しです。

気持ちよく引き渡すことができそうで一安心です(^^♪

 

塗装工事ですと、今週末から淀川市でM様邸の工事が始まります。

こちらの家は、塗装後は薄いグレーになります。

梅雨が近づいてきているので、油断できないです( 一一)

僕ではなく、もう一人の現場監督川さんが担当しているので、完成報告を楽しみに待ってます☆

 

他にも1期工事でデッキ改修、2期工事で外部改修を行う現場もあります。

なるべく進捗を報告していきたいと思います(^^♪

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : 現場レポート | 16:20 |

こんにちは!湯中です。

今回も現場レポート記事になります。

 

こちらの記事の続きになります→http://genba.min-ka.jp/?eid=1442537

外壁の継ぎ目部分をシールした後、塗装をしたらこのようになります。

外壁から雨が入ることもなくなり、見た目もとても綺麗になりました(^_-)-☆

 

 

 

外壁の色は薄いピンク系でして、外観はこのような見た目になります。

お施主様も気に入ってくださっています☺

近隣の家と自然に調和していていい感じですね。

 

足場を解体してお引渡しするまで油断はできませんが、もうすぐ完工です☺

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : 現場レポート | 11:30 |

こんにちは、湯中です。

今日は現場レポートの記事です。

現在進行中のH様邸は、バルコニーの防水工事まで終わったので、

塗装工事の工程に移っています。

近隣住民にご迷惑をかけないよう、隣家がある面は厚めのシートで養生をしています。

ちょうど写真から見えない面なので、写真ではわかりませんが...

足場を架けたら、塗装工事が始まります。

サイディングのつなぎ目部分はシール(弾性のある素材)で仕上げてあるのですが、

このシール部分が時間経過で硬化してしまい、このままでは雨が壁内に入ってしまいます。

そのため既存シールを一度撤去します。

撤去後は、こんな感じです。

水色の部分がシールの下地部分です。

この下地材料が入ってないと、シールの性能がしっかりと発揮されないのです!

撤去したシールの塊ですね。

なかなか見る機会がない写真ですね(^^♪

壁同時の継ぎ目部分だけでなく、出っ張っている箇所やへこんでいる箇所(取り合い箇所)

のシールも同時に進めていきます。

ひび割れ箇所などもこのときに埋めて塗装ができる状態にしておきます。

屋根はシール処理をする箇所がなく、一足先に塗装が終わっています。

こちらの2枚の写真は塗装前の状態で、水洗いをしたあとに塗装をすると...

このような仕上がりになります(^^)/

つやつやで綺麗に仕上がっています。

屋根と違い、壁の仕上がりはつやあり、なしが選択できます。

壁が仕上がるのも楽しみです。

 

バルコニー改修時の過去記事はこちら→http://genba.min-ka.jp/?eid=1442534



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

| Posted by : 現場レポート | 10:19 |

こんにちは!湯中です。

GWも明け、さっそく休み明けの仕事をしてきました。

 

 

連休明け最初の仕事は、H様邸の外部改修工事の管理でした。

外部、屋根、基礎、バルコニーの改修で、

外部はほとんど新築時のような綺麗な見た目になる予定です。

 

大工さんの応援も仕事だったので、バルコニーの改修工事をお手伝いしてきました。

現状あまり水はけがよくなかったので、一度解体し再度防水処理をすることになります。

水掃けが悪かった箇所を捲ってみると、床下地が傷んでいました...

一度床下地をすべて捲り、下地を正しく施工し直しました。

元々排水口に向かってきちんと勾配が取れていなかったこともあったので、

今回の工事できちんと水が流れるよう処理をしました(^_-)-☆

床下地の仕上げが終わったところです。

この上に防水工事をしたらバルコニーは完成になります!

防水屋さんがくるまでに雨が降るとダメなので、雨養生をしています。

今回の工事で問題箇所が発見、対応できてよかったです。

お客様も安心されていました。

 

作業は木曜と金曜の二日間で終わったのですが、お昼は気温がとても高く汗だくになりました。。。(-_-;)

今年は春をあまり感じられずに、いきなり初夏が来たような感じがします。

急な気候の変化に負けないよう頑張ろうと思います!

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : 現場レポート | 17:09 |

こんにちは!湯中です。

 

民家に入社して2年目で、担当は現場監督になります。

これから僕もブログを書いていこうと思いますのでよろしくお願いしますね!

最近新築された家の定期点検にいくことが多いのですが、

みなさん家を大事にされていただいているようでとても嬉しいです。

 

こちらは築5年の家です。

壁に貼られた和紙クロスの状態がよく、点検していて気持ちがよかったです。

 

こちらは築10年の家です。

床や柱などの木部がいい感じに日焼けしていました。

家の状態だけでなく、お施主様との会話からも家を大事にしているのがとてもよく伝わります。

お施主様の期待を裏切らないようにこれからも頑張ろうと思いました。

 

 



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

| Posted by : 現場レポート | 17:38 |

こんにちわ、矢野です。

 

梅雨ですね、ジメっとしております。

さて先日 現場名「暮らしの真ん中に、台所」の

見学会をさせて頂きました。

 

何度かご紹介させて頂きましたが、

LDKの改修工事が主な工事内容です。

 

設計のWさんとお施主さんで、ほぼほぼ資料をご用意くださり

何もしなくて良いのだろうかと思いつつも身体一つで現場入りしてしまい・・

なんか、すみません;;;

こんな立派なプレゼンボードまで作ってくださいました。

  

梅雨入りした中、車2台で送迎2往復するほど

沢山のお申し込みを頂きました。

 

お施主さんと設計のWさんによるリフォームに至った経緯とか、

どんな風に計画を進められたかなど、詳しくご説明頂きました。

印象的なお施主さんの言葉として

最初は設計士さんに全て任せれば勝手に良い家にしてくれると

思っていたけど、「大事なのはあなたが何をしたいかなのです」

と言われたことが目からウロコで、自身にじっくりと向き合われたこととか、

 

設計士さんに頼むことで別途設計料が加わったとしても、

設計士さんに頼まずに住み勝手の良くない家になったら

結局後々コストがかかること。

(改修前の家が大工さんまかせだったそうです)

きっと実際に経験された方からの言葉だからこそ

ご参加頂いた方々のお心にも響いたと思います。

 

キッチンに立つことが楽しくてシアワセな毎日。

リフォームで人生まで変わる。

家のリフォームに対し、決して首を縦に振らないうちの主人に

この言葉、使わせて頂きたいと思います。

 

最後にお施主様のNさま、設計のWさま、

ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました!

 



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

| Posted by : 現場レポート | 15:23 |

こんにちわ、矢野です。

 

施工部の川崎さんが業者さんとの電話で、

「あれがどうにもあれやからやっぱあれせなあかんのですわ」

と、「あれ」だけで会話を成立させていました。

熟練夫婦さながらの意志疎通。さすがです。

 

さて、先日お伝え致しました

「暮らしの真ん中に、台所」の現場の様子です。

 

美装が完了し、こんなに美しく仕上がりました。

写真ではグレーに見える天井ですが

実際は深緑色なんです。光の加減でしょうか、

カメラの何かがあれなんでしょうか、

それともあれがあれなんでしょうか。

あれって何でしょうかと思いながらのあれ次第です。

対面キッチンの内部はこんな感じ。

キッチンハウスのオーダーキッチンです。

扉はオーク材、カウンターはオーク調メラミン。

取手も水栓もガスコンロも換気扇も、

一つ一つが洗練されたデザインで、思わずため息が出てきます。

お施主さんの御嬢さんも「ホントにここ私の家〜?って思っちゃいます」とおっしゃってました。

そうなんです、あなたのお家なんです。

私の家ではないんです。 残念なことに。

 

ぽつんとある照明は中村好文さんデザインのコードペンダントです。

夜になるとガラス越しに暖かい光を灯し、木の風合いをより引き立ててくれます。

キッチンに立つとちょうどな目線にお庭の新緑が入ってきます。

「お庭の緑を見ながら料理がしたかったんです」

と、お施主さん。

美装の日にお会いした際、この木の種類を聞いたのに忘れてしまい

引渡の時また聞いてしまいました。

今回は忘れまいとメモしたら、美装の日にもメモしてました。

 

メモしたことを忘れないようメモしなきゃいかんのかも。

という訳で、木の種類はハナミズキでした。

家具や食器が入って生活感が加わり

さらに居心地の良い空間になりました。

 

ルクルーゼのお鍋に、使い込んだ味のあるヤカン、炊飯用の土鍋。

一つ一つに愛着を持って、大切に使われているのが伝わります。

 

シンプルに必要な物だけを置いている居心地の良いお部屋を見るたび

我が暮らしを顧みて、何とかしなきゃと思います。

昭和好きを拗らせ過ぎて、後先考えず買いまくって、置くトコなくて、手放せなくて、

どうにもならない状態です。

 

話は戻りまして、こちらの現場ですが7月6日に見学会をさせて頂くことが決まりました。

設計の先生もいらっしゃいます。お施主さんもいらっしゃいます。

とても興味深いお話も聞けることと思います。

是非是非、実際にお聞きになってみてください!

 

 \我思う故に我あり・・・/  by 中津 真

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

| Posted by : 現場レポート | 12:11 |

こんにちは、柳川です。

 

開花してから肌寒い日が続いていたお蔭で、

今年はサクラも随分長く楽しむことができましたね。

今週は20℃を超える日も多いようで、昼夜の寒暖差で

毎日の服装選びにまた悩みそうです。。

 

そんなまだ肌寒かった先週の土曜日に

協会事務所1階にて塗り壁教室を開催しました。

 

 

講師は微風(そよかぜ)を開発された地球環境技術研究所の

藤さんと左官歴60年の井上左官さんです。

 

微風はシックイベースに竹炭・ゼオライトの入った塗り壁材で

そのミクロな気孔により消臭・調湿効果に優れています。

 

まずは微風の下地材を塗っていただきました。

 

 

 

みなさんなかなかの手つきです。

ちいさなお子さまも「自分でやりたい〜」と

コテをもってチャレンジしてくれました。

 

 

下塗りが終わったら、微風の上塗りです。

 

 

 

手が届かないところはお母さんがフォローし、

親子で一緒に奮闘中。

何度も塗るうちにコツを掴まれたようで「楽しい〜」と

塗るペースもあがり、先ほど塗った下地材の上にも全て塗り完了です。

 

 

井上さんからマスキングテープの張り方や

コテ先を使っての仕上げ方など教えてもらいました。

その職人技の見事なこと!

みなさんから「すご〜い!」と歓声が上がっていました。

 

「みなさんが一生懸命塗った方が味があっていいんですよ!」

と井上さん。

養生をきちっとすることで、テープを剥がした時に端が

ぴしっと揃い仕上がりがぐんとよくなります。

私もスタッフと一緒に2階の会議室の壁を1面だけ塗りましたが、

なかなかいい感じになっています(笑)

 

本日早速、ご参加頂いた方より

「連休中に1部屋塗ってみようと思います!」とご連絡を頂きました。

体験することで自信がついたと言っておられました。

ご家族でわいわい言いながらDIYを楽しんでもらえたらいいですね!

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : 現場レポート | 16:15 |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
民家のFacebookです。


(株)建築士事務所民家〜大工技術を活かした木造住宅 新築一戸建て・リフォームも〜

Copyright © MINKA. All Rights Reserved.