<< ストーブと念願の熊野(その2) | main | 尼崎回りと念願の熊野(その3) >>

こんにちわ、矢野です。

 

家の床が冷たくて、足が霜焼になりました。

痒いです。

今のマンションに引っ越して依頼、

生まれてこの方なったことない霜焼になり

床に杉板貼ってよと常に主人に懇願しています。

いっつも答えは「10年後な、」です。
数年前から訴えているのに10年が9年にも8年にも減らないことに

最近やっと気が付きました。

弊社で開催される見学会に誰よりも来てほしいのは、

実は主人だったりしています。

 

さて、12月16日にお正月のリース作り教室が開催されました。

 

講師は「はな*くらぶ」の湊谷(みなとや)裕子さん

設計の細江さんの同級生だそうです。

クリエイティブな人脈をお持ちでうらやましい!!

既にキットを用意してくださっているので、

これを自由に飾り付けて止めていくのですが・・。


「レイアウトに正解はありません」との先生のお言葉。

「人生に正解はありません」くらいの言葉力。

どうしようかと、人生さながらまよまよしつつも・・。

もくもくと・・・

もくもくと・・・・

ふと「蟹食べてる時と同じですね」と細江さん。

確かに(笑)

一つの作業に没頭すると無言になるものですね〜。

 

さてさて出来栄えは・・。

同じ材料を使ったのに、全員がまったく被らず違うデザインになりました!

なんか凄い!

 

最後はコーヒーでほっこりしながら、先生のお話しを聞きました。

先生宅は細江さんが新築の設計をしたこと、

竣工後、真裏の家が火事になり全焼し、

消防士に燃え移ることを覚悟してくださいと言われたものの

ご自宅は全くの無傷だったことなどなど。。

食い入るように聞き入ってしまいました。

あと、お正月飾りは本来12月30日に飾るのが正解なのだそうです。

知りませんでした。

 

今年最後のセミナーも無事に楽しく終わりました。

来年も是非ご参加くださいますようよろしくお願い致します!!



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

| Posted by : - | 17:16 |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
民家のFacebookです。


(株)建築士事務所民家〜大工技術を活かした木造住宅 新築一戸建て・リフォームも〜

Copyright © MINKA. All Rights Reserved.