<< 上棟のお祝い | main | 天候に左右される現場 >>

こんにちわ、矢野です。

 

先日から始まっているK様邸棟上げの様子をお送り致します。

通常一日で終わる棟上げも、今回は3日かかりました。

おかげで大工さん、現場スタッフ、みんなこんがり焼き上がりました。

そんな中、突如襲い来るゲリラ豪雨。

現場では恵みの雨だったりしたのかもと思ったのですが、

基礎底に貯まった雨が全然そんなことなかったのを表しています。

上棟式当日も見事な快晴。

建方もだいぶ上へと進んでまいりました。

↓住居部分の2階です。遠く見える丸太梁がきれいですね。

しかし毎度毎度、高いところをひょいひょい歩く大工さん。

高所恐怖症の私は見てるだけでなんか足元がぞわぞわします。

無事に棟も上がりまして、

恒例のちびっこ大工さんによるコミセン打ち込みの儀です。

よいしょよいしょの掛け声で、無事にコミセンも打ち込まれまして、
暖かい雰囲気の中、上棟式が始まりました。
K様が手配してくださったお弁当、すごく豪華で美味しかったです!!
例によって夕方にはゴロゴロと遠くから雷の音が聞こえ、お開きに。
Kさま本当におめでとうございました!そしてありがとうございました!
 
上棟式の日は不思議と現場の雰囲気が朝から華やぎます。
きっと土地の神様も祝福してださっているのでしょう。。
 
なんてな感じでうまくまとまりましたところで
引き続き無事に工事が進みますように。

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
| Posted by : 現場レポート | 16:12 |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
民家のFacebookです。


(株)建築士事務所民家〜大工技術を活かした木造住宅 新築一戸建て・リフォームも〜

Copyright © MINKA. All Rights Reserved.