<< 天候に左右される現場 | main | K様邸新築工事の現場より【構造見学会】 >>

こんばんは!湯中です。

9月ももう9日。早いですねー。

建て方から10日ほど過ぎ、現場の方も進んできています。

 

これは大屋根の大工さんの工事が終わったところです。

屋根と同じ高さから写真を撮っているので、屋根らしくない感じがしますね。

奥の方に見える黒っぽい部分が屋根の防水処理をした状態になります。

これはルーフィングといった紙状のもので、屋根からの雨漏りを防ぐ目的で施工しています。

屋根もひと段落着き、壁も少しずつ進んでいます。

最初は柱しかたってない状態なのですが、ここに間柱を入れていきます。

間柱が入った状態はこんな風になります。

間柱は構造上は必要ないものなんですが、壁の下地になります。

間柱は壁を内側から支える役割をしてくれています。

なので間柱がないと壁を触るとへこんだり穴が開いたりします。

間柱一つとっても先人の知恵が感じられますよ(*^-^*)

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

| Posted by : 現場レポート | 18:48 |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
民家のFacebookです。


(株)建築士事務所民家〜大工技術を活かした木造住宅 新築一戸建て・リフォームも〜

Copyright © MINKA. All Rights Reserved.