こんにちは、柳川です。

 

先週の土曜日に現在新築工事中の堺にて

構造見学会を開催させていただきました。

 

 

お近くから歩いて来られた方が、「ちょっと場所が不安だったんですが、

木のいい匂いがするので、この辺だろうな〜と思いました。」と

言って来られました。

スケルトン状態なのでスギの香りが風で運ばれてるんですね〜

 

 

代表と設計の細江さんより、今回の住まいの概要や細かい仕様、

柱や梁、国産材の特性などをお話しさせていただきました。

 

 

 

1階天井の写真ですが、左下に大きな梁が入っています。

梁せいと言ってこの梁の高さが大きいことにより、上からの荷重を

がっしりと支えるんだそうです。

 

 

構造見学会では、建ってしまうと見えなくなる柱や基礎などの

状態が見れるのがよいところです。

大引や根太などの土台部分にはヒノキ、それ以外の柱などはすべて

杉を使っています。

 

上は水道管の配管でピンクがお湯、青が水だそうです。

こんな風になってるんですね〜

 

 

お施主さま家族もお越しくださり、今回土地探しから始まった事、

住まいづくりに対する想いなどお話しくださいました。

 

また、参加者からの熱心な質問にもお応えくださり、

アンケートには「直接いろんなお話が伺えてとても参考になりました。」とのコメントが。

 

実際に住まいづくりをされている方の気持ちや悩みなどを聞くのが

一番身近でわかりやすく参考になるようです。

 

Hさま、本当にありがとうございました。

 

完成見学会も2月16日に開催させていただきます。

ぜひ、どんな風に完成するのかをご覧ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 14:34 |

こんにちわ、矢野です。

 

先週の連休にさしかかる数日前、

「あ、花巻行きたい」と思いつき、

「花巻行きたいんだけど」と主人にLINEを送信。

時間が無い中、宿と飛行機とレンタカーを手配し

図書館でガイドブックを借り、

という作業は全て主人が行い花巻へ行ってまいりました。

旅のテーマは「宮沢賢治」。

文学に疎い私が唯一自ら率先して

読みまくったのが宮沢賢治でした。

花巻にはイーハトーブと呼ばれる理想郷が広がっている。

暖かい風が吹きぬけ金色に輝く草原。。。

シロツメクサやリンドウの揺れる野原。。。

妄想ばかりが暴走し花巻がすでに冬だと気付いたのは着いた後でした。

ガイド本を読み漁り宮沢賢治に関連する施設を

いろいろ周ったのですが、

最も印象深かったのはガイド本には載っていない

「羅須地人協会」でした。

もともと宮沢家の別宅で、後に賢治が農民にいろいろな

教育を行う施設として使用し、

現在は花巻農業高等学校の敷地内に移設されています。

「羅須地人」と言う名前の由来を調べたのですが、

花巻をなぜ花巻と言うのかくらいに意味は無いという説や

羅須=ラス=土壁下地の木舞を意味し

「繋ぐ」意味を含めてる的なのもあり、

イマイチ真相は分からないようです。

 

外観は複雑な屋根形状でアングルを変えると見え方も様々。

内部は至ってシンプルで板張りの集会スペースと、

開放的な和室。

2階は上がれませんでしたが、書斎が1室あるようでした。

 

懐かしい木製サッシ、冬は寒かっただろうな・・。

お宿に着いたら

「今宵は雪が降る予報ですが、皆さんスタッドレスタイヤをお履きでないので、

きっと降らないことでしょう」

と根拠が謎な事を言われましたがなんとなく信じ

朝目が覚めたら景色が様変わりしてました。

がっつり降ってんじゃん!!!

ひあ〜・・・幻想的な雪景色・・・

少し高い場所に位置するお宿でしたが、

積雪平均2.7M積もる豪雪地帯だそうで・・。

 

スタッドレスじゃなかったので、道中ひやひやしましたが、

なんとか無事に帰ってまいりました。

花巻は水も食事も温泉も全て最高でした。

また別の季節でも訪れて、花巻にもっとお近づきになりたいです。

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

| Posted by : なんじゃかんじゃ | 16:11 |

こんにちわ、久々の登場の矢野です。恐縮です。

 

秋を通り越して冬めいてまいりました。

ラジオからちょいちょい流れてくるクリスマスソングに毒ついて

おっさんモードの毎日です。

 

着々と進行しておりますH様邸の新築現場より

先日行われました棟上式の様子をお送り致します。

詳しくは代表のブログをご確認ください。

 

以上棟上式でした。

 

なんつってです。代表と同じ内容にはなりますが、

私オリジナルの斬新かつ独創的な切り口でお伝えしたいと思います。

(ウソです。自分でハードル上げてどないすねん)

 

といいつつ、私と代表が着いた頃にはほぼ骨組完成状態で

垂木(屋根部材)を打つとこでした。

毎度思うのですが、大工さん現場監督さん、

あんなたっかいとこよう歩くわ・・。

落っこちる妄想とかしないのでしょうか・・。

 

そんな感じで私にできるのは現場清掃くらいです。

1階内部の様子↓

ばってんになっているのは仮筋交いです。

二階の床下地が出来た状態↓です。

化粧の柱には傷がつかないよう黄色の養生が巻かれています。

2階の天井は勾配で床と同じ杉板が貼られています。

早くも良い雰囲気が出てますね〜!

ほんのりと夕日に照らされて

マジックアワーに差し掛かったころ

お施主様のH様が来てくださり

棟上げ式のスタートです。

美味しいお寿司やオードブルが並び、

灯光器のほんのりとした灯りのもとで輪になって食事。

なんだかとても暖かい気持ちになりました。

最後は中津さんの粋な発想で、

Hさまご長男くん 初めてのコミ栓打ち体験!

とても素敵な上棟式でした!

Hさま、本当にありがとうございました!

これからも安全に工事が進行しますように!

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

| Posted by : 現場レポート | 17:28 |

ゆすはらツアー2日目も、お天気は良好。

いざ四国カルスト高原へ。

 

 

バスの窓からじっと景色を眺めながら登っていったのですが、

残念ながら雲海はみられませんでした。

前日と朝の気温差が激しいと雲海が見られるそうですが、、、

冷え込みがたりなかったのでしょうか。

 

 

カルスト高原は、見事な青空でした。

 

 

風もなく、風車も回っていませんでした。

いつものように記念撮影。日が燦々とさして眩しい〜

お天気が良すぎましたね、今年は。

 

ゆすはら町内にもどり、まずは三嶋神社へ。

 

 

梼原の語源となった「梼の木(ユスノキ)」もこちらで見られます。

 

 

このすぐ横に「坂本龍馬脱藩の道」が通っています。

 

 

神幸橋(木橋)を渡り、歩いてすぐのところに

隈研吾さん設計の「雲の上の図書館」がありました。

 

 

今年5月にオープンしたばかりで初めての訪問です。

 

 

こちらは段々の空間で棚田をイメージしているとか。

 

 

 

天井からの木組みは樹木を連想させ、まるで森の中のようです。

 

地元の木材をふんだんに活用した空間で、靴を脱いで入るので、

床に座ったり、寝そべったりと自由に楽しめ、

木の床の感触やぬくもりをじかに感じれます。

 

 

こんな気持ちのいい空間でゆっくりと本を楽しみたいですね〜

 

図書館の後は、「まちの駅 マルシェ」でお買いものです。

 

 

みなさん、ゆすはらの野菜や果物などをたくさん購入されていました。

 

 

次に、梼原の庁舎を見学。

平成18年に完成したこちらも隈研吾さん設計です。

1階ホールには梼原町伝統の茶堂が設えられたり、

ガラス面は全面開くことができ、イベント会場として使えたりと

いろんな工夫が施されています。

 

 

そして、高知県唯一の木造芝居小屋の「ゆすはら座」へ。

昭和23年に建てられ平成7年に修復し移築されました。

 

 

隈さんが木造建築に関わるきっかけとなったのが、

このゆすはら座を見て感銘を受けられたからだとか。

すごい建物なんですね。

 

町保護有形文化財として保存されていますが、いまでも

芝居や歌舞伎、映画の上映などに利用されているそうです。

 

 

そして最後は、雲の上のギャラリーを見学。

温泉とホテルを繋ぐ渡り廊下です。

 

 

 

梼原町の建物についての詳しい資料が展示されていました。

 

この後は、くさぶき食堂にてお昼ごはんをいただきました。

 

 

 

ちょっと最後は駆け足になりましたが、昼食を済ませた後

西村さんとお別れし、梼原町をあとにしました。

 

少人数でしたがその分みなさんとコミュニケーションが取れ、

楽しいお話もたくさん聞けたツアーでした。

 

ご参加いただいたお客様、ゆすはらの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

| Posted by : イベントレポート | 12:13 |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
民家のFacebookです。


(株)建築士事務所民家〜大工技術を活かした木造住宅 新築一戸建て・リフォームも〜

Copyright © MINKA. All Rights Reserved.